VRChatの世界をWiiFitのボードで移動する(OSCulator編)

WiiFitの例のアレが100円で売られていたので買いました.Haruです.

友人と雑談していたときに,WiiFitの台でVRCの移動ができたら面白いよねという話になり,検証した次第です.

はじめに

バランスWiiボードをキー入力にマッピングしているものがありましたが,今回はナウでアツいOSCで実現します.(OSCもかなり前だけど…)

これを利用することで,アナログコントローラのように体重移動で入力することが可能になります.

この方法はとりあえず動くだけのお話なので,実用は難しいかもしれません.(立ち止まってのメニュー操作などが難しい)
なにか問題やわからないこと,提案があればお気軽にコメントやTwitterで連絡していただけると非常に助かります.
この記事も問題だらけだと思いますので,その都度修正します.ご了承下さい.

問題点(2022-06-17追加)

VRモードで使用中,OSC越しでVRChatに移動データを与えると,腕のトラッキングが無効になるようです.
どうやらVRChatの仕様のようなので,この手法を使用する際にはご注意ください.

https://feedback.vrchat.com/feature-requests/p/osc-locks-arms

Demo

メリットとデメリット

メリット

  • Oculus Quest2のハンドトラッキングと併用することで,コントローラレスVRが実現できる

デメリット

  • MacOSが必要
  • ソフトのライセンスが必要($23.99)

Wiimotelibを使用し,それにOSC転送できる機能を乗っければいいと思うので,そんな感じの事ができるソフトを今作ってます.おそらく失敗すると思うのであまり期待しないでください…

2022-06-15追記: 現在鋭意開発中です.進捗やソースコードは以下から確認できます.

2022-06-18追記: Windowsだけで実現できるWiiBoardOSCを公開しました.以下からダウンロードできます

https://github.com/HaruYJSN/WiiBoardOSC

環境

使用機器

  • Mac: iMac mid 2011
  • Win: 自作PC

ネットワーク

  • サブネット: 10.128.1.0/24
  • Mac: 10.128.1.9
  • Win: 10.128.1.2

アプリケーションのインストール

Mac側

以下をインストールしてください

Windows側

以下をインストールしてください

設定

Mac側

バランスボードのペアリング

バランスWiiボードのSYNCボタンを押し,ペアリングモードに移行させます.
その後,OSCulatorの設定から,Wiimoteを選択し,Pair a Wiimoteをクリックします.
一覧に出てくるバランスWiiボードを選択します.メイン画面が以下のようになると接続成功です.

値のマッピング

virtual xのEvent typeを OSC Messageに,ValueでNewをクリックし,Rewrite Addressに以下を入力します.

/input/Horizontal

virtual yも同様に,

/input/Vertical

と入力します.
以下の画像のようになっていれば問題ありません.

経路の設定

設定のOSC Routingsに入ります.

1のOSC URL or~~~~に以下のように入力してください

Windows側のIP:8000
Ex. IPが10.10.30.2の場合) 10.10.30.2:8000

このようになっていれば完了です.

Windows側

TouchOSCの設定

TouchOSCを起動し,赤枠で囲った部分をクリックします.

OSCを選択し,以下のように設定してください.

設定が完了したらDoneで終了します.

次に以下のファイルをダウンロードし,TouchOSCで開いてください.

http://haruyjsn.net/VRC_BalanceWiiBoard.tosc

以下のような表示に切り替わるとOKです.

VRChatを起動し,OSCを有効にします.

TouchOSCの再生ボタンをクリックします.

バランスWiiボードに乗り,重心を傾けると,移動します.

以上

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。